明るい未来のために

当社が発足した1996年、日本ではインターネットが始まったばかりでしたが、回線速度が速くなり、表現しやすいコンテンツが深まり、スマートフォンなどの新しい機器が登場し、急速に成長しました。
私たちが近年注目しているイノベーションと研究開発は、拡張現実と仮想現実です。 2018年茨城県作業療法士協会の要請で開発された認知症を体験できるAR / VRは、当社にとって新たな試みでした。 ARイニシアチブは2012年に牛久市のキャラクターをARにしました。将来のARおよびVRイニシアチブでは、新しいデバイスやさまざまな状況の使用も考えられます。